ハピネスプロジェクト

いのちの応援 ハピネスプロジェクト

NSDハピネスプロジェクトでは日本国内、及びアジア地域で起こったさまざまな災害に対する支援活動や、発展途上国で病気に苦しんでいる子供たちへの救済、また地球環境を守るための支援を目的とした活動です。

地球や人類が、より輝ける未来となっていく事を願い、このプロジェクトを発展させていけるよう取り組んでまいります。

このプロジェクトは社員一人ひとりの発想により活動し、会社としてサポートしております。

最近の活動

2017.8.18-19
大分日田市に災害復興支援活動に行ってきました。

 

これまでの活動

東日本大震災復興支援

被災者への支援・物資のお届け、炊き出しなどを定期的に行っています。

東日本大震災復興支援 東日本大震災復興支援 東日本大震災復興支援
東日本大震災復興支援 東日本大震災復興支援 東日本大震災復興支援

トータル17回になりました。

東日本大震災孤児応援

お父さんお母さんを無くした子供たちを支援するプロジェクトのサポーターとなっています。

「震災孤児遺児応援 ワンコイン・サポーターズ 20,000人プロジェクト」<公式HP>
aichiborasen.org/onecoin

瓦礫を生かす森の長城プロジェクト

東日本大震災で被災した沿岸部に10年かけて「いのちを守る森」を作る応援団となっています。

瓦礫を生かす森の長城プロジェクト 瓦礫を生かす森の長城プロジェクト 瓦礫を生かす森の長城プロジェクト

「GREAT FOREST WALL PROJECT 森の長城プロジェクト~ガレキを活かす~」<公式HP>
greatforestwall.com

地球緑化センターへの支援

特定非営利活動法人 地球緑化センター
「共生の大切さ、緑・人を育む」など自然に対する謙虚さを学び、地球に優しい緑のプログラムづくりを応援しています。

「地球緑化センター」<公式HP>
www.n-gec.org

 

国境なき医師団への支援

西アフリカでエボラ出血熱が蔓延した際に、国境なき医師団へ支援を行いました。

「国境なき医師団」<公式HP>
www.msf.or.jp/news/ebola.html

 

活動履歴

1995年3月
 
阪神大震災被災者への寄与に対し、日本赤十字社埼玉支部長
埼玉県知事:土屋義彦氏より感謝状の贈呈を受ける
1996年3月
 
埼玉県生涯交流センターへの軽自動車及び大型テレビの寄贈に対し
埼玉県知事:土屋義彦氏より感謝状の贈呈を受ける
2003年5月
大宮税務署より優良申告法人の許可をうける
2004年11月
新潟県中越地震災害義援金を日本赤十字社埼玉支部を通して被災者へ寄与

 

ボランティア活動

1995年 阪神大震災被災者への寄与

1995年 阪神大震災被災者への寄与

阪神大震災は人々に大きな衝撃を与えました。

被災者の方々の苦悩は計り知れないものであったと思います。

我々に出来ることは…
との思いで各ハピネスプラザで義援金募金を行いました。


2004年 新潟県中越地震被災者への寄与

2004年 新潟県中越地震被災者への寄与

阪神大震災から9年後の2004年11月、新潟に大震災が起きました。

誰もが「今度は新潟…」大きなショックを受けられたと思います。

阪神大震災同様、ハピネスプラザをご利用の皆様のご協力を得て、義援金募金を行いました。


2011年 東日本大震災被災者への支援活動

2011年 東日本大震災被災者への支援活動

日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災。

現地での想像を絶する惨状を目の当たりにし、一人でも多くの方を助けたい想いから、四度にわたりヘルスケア支援と炊き出しを行いました。
また、ハピネスプラザをご利用の皆様にご協力を得て、義援金による支援をさせていただきました。


その他 清掃活動

その他 清掃活動

山中湖の湖畔をきれいにしました。

湖も木々も喜んでくれたかな?ついでに心もきれいになったようです!