Slideshow Image 1

ケイ素の働き

ホーム > 商品案内 > ケイ素の恵み > ケイ素の働き

珪素(シリカ:元素記号:SIO2=微粒二酸化ケイ素)の働き

宇宙で一番多い物質は水素であり、地球の地殻で一番多い物質は珪素です。

この珪素が一番多く含まれているのが水晶であり純度の高いもので99.9%の珪素が含有しているものもあります。

珪素という栄養素は食生活では野菜などの根菜類・穀物などに含まれています。

これらが土の成分である珪素を養分として吸収し、栄養素として体内へ入る。体内には18g程度の保有量が検出され、内臓や皮膚、骨格など身体全体に分布しています。このような養分として吸収された珪素であれば体内で腸管から栄養素として吸収されますが、石類などを限りなく粒子を細かくし体内に取り入れても不溶性のため栄養素としては吸収されず排出されてしまいます。

珪素は骨のなかで最も発育を促進している部分に多く含まれていることから、骨が成熟するのに必要ではないかと東京大学の中村栄一教授の論文に記述されています。

又米英共同の「フラミンガム研究」においては珪素摂取量とBMD(骨密度)との密接な関係が明らかになっています。組織を結合させる役割を有するコラーゲンなど結合組織に多いことから、結合組織の必須成分になっている可能性もあります。

また動脈の珪素濃度が年齢の上昇に伴って減少することから珪素と動脈硬化との関連性が考えられています。

ドイツでは過去10年間珪素含有商品が全健康商品の売上げ1位を続けています。最近ではアメリカからも珪素商品が日本に上陸し大きな反響と飛躍的な成長をしています。

 

私たちの体は大部分が水分、そしてミネラルで形成されています。

人体を形成している細胞内のミネラル成分は、大変重要な役割を担っています。

珪素(ケイソ)=(Si)は、【骨】・【関節】・【血管】・【皮膚】・【毛髪】・【歯】・【爪】などに多く含まれ、生命維持に不可欠な【必須微量元素】です。

成人1人あたりの珪素(けいそ)消耗量は、1日10〜40mgと言われています。

若いときには、私たちの体の組織は珪素(ケイ素)を摂取する力があり、ぐんぐん摂取し続けます。このため、柔軟性や弾力性に富み、つややかな肌に覆われ、硬い骨を持ち、エネルギーに満ち溢れています。年齢を重ねるごとに私たちの珪素(けい素)を摂取する力が落ちていきます。

 

珪素(ケイ素)は【コラーゲン】・【エラスチン】・【ヒアルロン酸】・【コンドロイチン】などを構成する物質で、結合組織を丈夫にする働きをします。珪素(ケイ素)が不足すると、それらの結合組織が弱くなるといわれて【爪が割れる】・【髪が抜けやすい】【皮膚がたるむ】【骨がもろくなる】【シワができる】などは珪素不足から起こります。水溶性活性珪素を毎日補給して、心身ともに健康な生活を送りましょう。

 

> 日本珪素医科学学会(外部リンク)

 

珪素(シリカ:元素記号:SIO2=微粒二酸化ケイ素)の働き

 

ケイ素と骨粗鬆症

世界で一番サプリメント(栄養補助食品)の研究を国をあげて取り組んでいるドイツでは、日本ではまだ馴染みの薄い珪素(ケイ素)ミネラルを非常に重要視しています。

珪素(ケイ素)不足から早期の老化がはじまり、また様々な疾患の主な原因になっている事が臨床研究で明らかにされています。みるみる老けていく原因は、体内の珪素(ケイ素)不足!地球上の全ての生命体に欠かせないミネラルそれが、珪素(ケイ素)【必須微量元素】です。

珪素(ケイ素)は、生命活動を支える基盤となるミネラルとして世界中で今注目を集めています。珪素(ケイ素)は、人間を含む全ての生命体の皮膚・血管・骨・結合組織・毛髪・リンパ腺・杯・筋肉・爪・歯・気管支等などに存在します。

カルシウムを補給する時に必要不可欠なのが珪素(ケイ素)です。成長期や骨の細胞間質におけるカルシウム欠乏の人にカルシウムだけを摂取してもほとんど有効に活用されないことが最近の研究であきらかにされています。

珪素(ケイ素)はカルシウムを運搬し骨の中のミネラル形成を促進させています。この事は、珪素(ケイ素)が骨の成長部分に多く、成長期や骨折治療中の骨に高濃度にあることで証明されています。

従って、成長期の青少年の骨格作り、女性の骨粗鬆症の予防に、珪素(けいそ)は欠くことのできない微量ミネラルです。

米国の代表的な疫学研究(フラミンガム研究)によると、食事からの珪素(ケイ素)摂取量の差が骨密度に及ぼす影響は、カルシウムよりも大きいと結論付けています。

珪素(ケイ素)は、若いころには十分に体内に蓄えられていますが、加齢とともに大幅に減っていきます。

コラーゲン・ヒアルロン酸などは体内で生成される(但し加齢に伴い減少していきます。)物ですが、珪素(ケイ素)は、体内で生成されないため食品で補給する必要があります。

 

ケイ素の恵みとは 選ばれる理由 ケイ素の働き 実際の使用例 研究資料 ご注文はこちら